お知らせ

続きを読む

SING/シング を観たら、その奥深さに鳥肌が立った

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

SING/シング を観たら、その奥深さに鳥肌が立った

「自分のため」に夢を生きる

最近、「生き方」を少し見直ししていて。
なんだか「人の人生」を生きているんじゃないだろうか、という疑惑の感覚が、芽生えているのです。私の中で。

そこで、40歳になったし。
「自分の人生」を「自分のために」生きるという「覚悟」を最近しています。(少しずつね)

でも、それってね、結構難しいの。
知らない間に、本当に、気が付かないくらい小さい意思決定のレベルで、人に人生の主導権を握らせていることが、信じられないくらい多くなっていたことに気がついています。

普段の生活の中で感じる「これって、本当に『私が』やりたいこと?」という問い。
今、ものすごく大事にしている最中です。
(食べたいものから、着たいものまでね)

そんな時に映画、SINGを観た。

そんなことを意識していたある日。
シンガポールから、日本に向かう飛行機の中で、「SING」を観ました。

全然期待しないで、スイッチオンしたんだけど・・・

結果。
泣きました。

最近、飛行機の中の映画で泣いていることが多いです。
(娘に、そっとハンカチを渡されます)

このSING。
ずっと自分の夢だった、「劇場」を立ち直すべく立ち上がるコアラの物語なのですが・・・
このメッセージが、すごい。
↓↓↓

人のためじゃない。
自分のために歌うんだ。

それは、美しくて。
心が震えてくるメッセージ。

っていうか、ものすごく覚悟がいるよね。
自分のために生きるって。
そして、責任が伴うよね。

言い訳ができない世界。
そして、本当に、魂が喜ぶ世界。

そして、そういう世界に生きている人を見ると、人はきっと魂が震える。
どうしても押さえきれない衝動に、従う。
どうしても心が踊ってしまう未来に進む。

人が、なんと言おうと。
人の価値観で生きない。

恐怖も、夢も、未来も、責任も、自分自身も、すべて自分で引き受けて、立ち向かう。そんな物語でした。

映画の中で、なんどもジンジンしたセリフ。

恐怖に阻まれず、夢を追え

Don’t let fear stop you from doing the things you love.

大事なことなので、もう一度言います。

きょうふにはばまれず、ゆめをおえ!



Don’t let fear stop you from doing the things you love.

ここで、letを使うんだな〜・・・ということに、なんだか感動。

自分で、自分の命を生きよう。
自分以上に自分を上手く生きれる人はいない。

そして、覚悟しよう。
自分を生きることを。

とても素敵な映画でした♡

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓