お知らせ

続きを読む

いつも、私に必要なコトバを届けてくれるのは、本だと思う。

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

いつも、私に必要なコトバを届けてくれるのは、本だと思う。

この本を読んだ。

コーヒーが冷めないうちに(川口俊和)
サンマーク出版社

いつも、日本にいるとき電車で「本屋大賞!」と広告がでていて。
書店員さんたちが選ぶ本って、どんなものなんだろう。と気になり。

そして、この本に出てくるテーマと、「考え方」に大きく心を揺さぶられた。
「今」の私に、必要なコトバが、登場人物の口から鮮やかに語られていて。
一緒に胸を締め付けられたり、泣いてみたり。

本って・・・本当にすごいな。

この本のテーマを自分なりに考えてみた。

一言で言うと、この本のテーマは、「罪悪感」じゃないのかな、と思ったりした。
喫茶店のある席に座ると、過去に戻れるという設定なんだけど、それはコーヒーが冷めるまでの間だけ。
しかも、過去に返っても現在を変えることはできない。

なのに、過去に返ったものたちは、みな「生きる希望」を取り戻していく。
なんでなんだろう。

苦しくて、悲しい出来事が起きたり、自分を責めてしまったりしている人たち。

時を遡るということをしてみたところで、
「今起きている事実」は全く変えられない(←そういう設定)。なのに、過去に戻ることでなぜ、人は変わるのか。

大きく変わるのは、「意識」なのかな。
いや、自分で「変わる」と決めることなのか。
自分が持っている「知覚」なのかな。

今、私が抱えているように見えてる問題や、悲しみや心の傷も、「知覚」次第なのかもしれない、と思わせてくれる。

一番大好きなセリフが、これ。

「もし、あの子の死がきっかけで、私や両親が不幸になれば、あの子は私達を不幸にするために生まれてきて、私達を不幸にするために死んでいったことになる。だから、生きている私のこれからの生き方が、あの子の『生れてきた意味』を創るんじゃないかな?」

今、私に必要な「モノの見方」が、そこにはあった。
そして、この「考え方」が、すごく軽やかで、悲しいほどに美しくて、あ、大好きだな、と思った。

どんなことがあっても、それを「不幸のきっかけ」にしない。
それを「幸せのきっかけにする」ことは、きっとできるはず。
そして、そういう生き方をしていきたい。

なんだか、ものすごく引き込まれて、続編の
「この嘘がばれないうちに」も速攻kindleで買って読んでしまいました・・・

なんだか、世界って、人生って、素敵だな、と思わせてくれる一冊。

すごく、オススメです^^

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓