お知らせ

続きを読む

大好きな人が自分を愛してくれないとき

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

大好きな人が自分を愛してくれないとき

最近娘に残しておきたいテーマ溢れてしまって。

今、彼女は10歳なので、まったくピンと来ないだろうな、と思うのですが、もう伝えておきたい!という熱量がすごいです。なので、これ読んでる人のヒントにもなるかもしれないから、シェア(娘になった感じで読んでw)

大好きな人がいました

すごくすごく若い頃。7回ほどフラれた人がいます。←7回ってw

すごくすごく好きで、憧れていました。でも、決してその「好き」は報われませんでした。辛くて、悲しくて。いっぱいいっぱい泣いたことが、昨日のことのようです。

でもね。ある日、ふと気がついてしまった瞬間があって。

「あれ?私、この人のこと、アイシテルのかな?」って。

だって、違和感がすごい
「自分のものにならない」という理由で泣いてるって、なんかすごい違和感

それって、所有欲?
それって、自分かわいさ?

その人を「本気で好きになる」ってどういうことだろう?悩みました。
結果、気がついたことは、これ。



多分、私、恋してるわ。
そして、それは、愛ではないわ。
私が愛してるのは、自分だわ。

「本当の好き」って、自分のものにすることでも、愛されることを求めることでもない。
その人が幸せであって欲しい、と思えることじゃなかろうかと。
うっすら見えてきて、驚愕した記憶があります。なんていう、茶番!

それでね

でもね。辛い気持ちとか、受け入れてもらえない切なさとか。
そんな気づきを得たからって1ミリも変わらないわけです。辛くて、苦しくて、惨めで、自分であることから逃げ出したくなる

そういうところに来てしまったら、もう、やることってひとつだけで。





「その人を超えていく」

その努力を自分に課すことだけじゃないかと思うわけです。

その人の「すごいと思うところ」「憧れるところ」「美しさ」
それを全部言語化して、すべて、その人以上になるように、ひたすらひたむきに努力する。

あ、でもこれ。ちょっとトリッキーなところがあって。
その人に「認められるため」に努力するのは、破綻する気がします。

いつも、集中するのは「自分」「相手」じゃない。

相手が、この自分を見てどう思うか、というイメージをしている間は、決してこの罠から囚われたまま逃れられない。それって、相手に主導権を渡している。

自分の人生の主導権を、人に握らせない。

自分を幸せにするのは、自分。
自分の人生の舵を取るのも、自分。

そして、いつの間にか、その人を超えている自分をイメージする。

何年かして、その人以上の人に出逢えていないとしたら、それは自分がまだそれ以上の人間になっていないだけ。
ひとつ上に行ったら、出逢う人も変わる
出逢う人が変われば、その人以上に魅力的な人に必ず出逢える。

自分を、そういう場に連れて行ってあげる
拗ねることなく。
ひねくれることなく。

ひたすらに自分を信じる。
そうやって、自分がまだ想像もできていない世界に、自分を連れて行ってあげて。
世界は、あなたが思う以上に広い

世界には、魅力に溢れて輝いてまぶしい人で溢れてる

そして、あなたが欲しいのは、その「人」ではない。どこかに「満たされない穴」のようなものがあって。それを埋める「感情」を欲している。常に自分と向き合って自分が本当に欲しいものを手に入れて欲しい。

その人に振り向いてもらえない「悔しさ」は、「傷つけられた」という思い込みから生じるただの「勘違い」。選んでもらえなかったその「痛み」は、「自分のものにしたい」という支配欲であって「愛」ではない。そう思った方が、その経験は、あなたを強く優しく、しなやかにしてくれる。ただ、心が動くような相手に出逢えた奇跡だけに思いを馳せて。その出逢いを「最高の出来事」だった過去に変えれる人はあなたしかいない。

あなたが欲しいのは、「その人」ではない。もっともっとステキな人と出逢えば、「欲しい感情」は必ず味わうことができる。固執することなく、美しく、強く、凛と生きてほしい。

大丈夫。きっと見つかる。
私の愛しい子。

おしまい

 

次回青木ゆか主催の講座は、オンライン!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02