お知らせ

続きを読む

また自分を動かすことを決意した話。

はじめましての方はこちら↓

はじめましての方は、こちらからどうぞ

また自分を動かすことを決意した話。

ちょっと前に、こんなブログを書きまして。

その後、めでたく毎週踊っている自分がいるわけですが。

このたび

さらに気がついちゃったことがありまして。

私、33年くらい(長すぎて、ちょっとウケる)
「やりたいな・・・」

と思ってることがあるな、と。

それがこれ。




まさかの、バイオリン!

この記事でも書いたのですが。我が家は、かつてあんまり余裕はなかったわけで。

それでも、母親は私のために必死!
もう、常に全力!
ということで、ないお金をはたいて、全力で自分の夢を私に託すということもしておりまして。
結果、なにが起きたかというと・・・

ピアノをずっと習(わされ)ていた

わけです。
ホント、苦しい中なんとか出してくれていることも分かっていたし。
母親の夢だということも分かっていたし。

私は、いっとき「母親のために生きる」という時期全力で過ごしていたこともあったりで。

全然言えなかったよねw
ピアノ、あんまり好きじゃないとか。
結果、15年くらい弾き続けておりました

もちろん、それによって「良かったこと」もいっぱいあるわけで。決して恨み言をいうつもりはないのだけど。

でも、私がず〜っとず〜っとやりたかったことは、バレエバイオリン(どっちも金かかる)

言えない・・・。言えないですよ、奥さん。

バレエは、かろうじて小さい頃(まだそんなに苦しくなかった頃)にやらしてもらえていたから、大きくなってからも自分で「やる」という選択を選びやすかったのですが。

バイオリンなんてね。もう、雲の上すぎて。
弾ける人を見ては、「いいな〜」「ステキだな〜」「弾いてみたかったな〜」と思うだけで終わらせていたわけです。

そんなある日

娘に言われたんだよね。

「ママ、私、バイオリン習いたい!」って。

はい、キタ。どういうことでしょう?

(ぱーどん?)

どうやら、学校でバイオリンを弾いていた男子がいたらしく。それが異常にかっこよかったらしく。「やりたい!」となったと。

そこまではよし。うんうん、自分の心がきちんと動いてるなら応援するよね。

でもね、その後トライアルレッスンが終わった後にこう言われて。



「ママ、私がバイオリン弾けるようになったら嬉しい?」って。

あ、これおかしいや〜つ!

(なんでやねん風味:イメージ図)

いや、多分私が嬉しくて、彼女も頑張れるのはいいと思うんだけど。
万が一、私の夢を彼女に生かせることになったら大変なわけですよ。

ここで、決意が固まった。

あ、私これ、自分にやらせてあげなきゃダメなやつだ。

33年も、「やらない」を選択してきてるけど。
いっつも「やってみたいな〜」と思っているのを、スルーしてる場合じゃない。だって、心は「やりたい」と言ってるから。

ホント、誰得だよってツッコみたくなるけど、その先に開かれる未来は、未来のワタシしか知らないわけで。
ムダなことでしか、自分を生きることはできないわけで。
「効率」なんて言ってるから、老けるわけで。(ホントそれな)

めんどくさいとか、いまさらとか、そんなんなんの言い訳にもならなくて。心が動くなら、全力出さなきゃ。

ということで、始めました。

バイオリンwww

なんか、すごくすごく楽しい!
新しいこと、学ぶのってワクワクする!
ムダなことやるのって、もう控えめに言って最高!

あなたも、ありませんか?
なんか、心が動いてるのに言い訳して、自分にやらせてあげていないこと。その「言い訳」って本当にもっともらしくて。

「そんなことにお金使うなんて」
とか、
「ムダでしかないから」
とか、
「いまさら、そんなことしてなにになるの?」
とか。

そういうの、全部いったん脇に置いておいて。
自分の夢を叶えてあげる。
そういう人が増えたら、なんか面白いんじゃないかしら、と思ったりしています。

ということでなにか心に秘めているあなた!ぜひ、ご一緒に!

おしまい

ベンデルあおきの日々の発信は、こちら

私の人生研究をリアルタイムで(無料で)シェアする場はこちらです。もし興味がある方はこちらから、詳細をご覧ください。

●インスタのライブ配信で、日々の研究結果を配信しています。
インスタは、こちら

●2倍速で見たい方のために、インスタライブをそのままYouotubeで流しています。
YouTubeはこちら

●Twitterでもつぶやいています。
Twitterはこちら

「ずるいえいごの青木ゆか」の運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

「ずるいえいご」の英語情報も、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02