お知らせ

続きを読む

いつから自分の「好き」がわからなくなったのか

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

いつから自分の「好き」がわからなくなったのか

ゆかちゃんって、何色が好き〜?

小さい頃に聞かれた質問です。

当時からずっと、私が好きな色は「ピンク」でした。可愛らしい、この色を見ると心がはずむ。
ホッとする。
「あ〜かわいい♡」
と、クレヨンでも、クーピーでも、最初におちびになるのはピンクでした。

ある日のこと

「ピンクが好き!」
と答えた私。

その時のお友達の反応はこうでした。

「え〜!ピンクって、ぶりっこの色」

鈍器で殴られたような衝撃が走ったことを覚えています。

え?!そうなの?
ピンクって、ぶりっこの色なの?

ぶりっこって、みんなが嫌ってるあれだよね?
そんなのいや!
みんなに「ぶりっこ」って思われたら大変だ!

今となっては、なにがどう大変なのか・・・と笑ってしまいそうなのですが、当時のワタシにとっては大問題でした。

「ピンクなんて、好きじゃない」

そうやって、私は自分の気持ちに蓋をしました。
私の「好き」がわからなくなったのは、ここらへんから。

ピンクは、好きじゃない色。
じゃあ、なんて言ったら「大丈夫」なんだろう?
「正解」はなんなんだろう?

他人の基準に「正解」を求める日々が始まりました。

「本当」は、ピンクが好きなのに。
私の心は知ってるのに。

それだと「間違い」だから、ピンクに蓋をする。

ついでに、他人が「ピンクが好き」と聞いたら焦っちゃったりして。
「え!ピンクってぶりっこの色なんだよ!」とか、クソバイスしちゃったりして。

もっとついでに「ピンクが好き!」を公言して、ピンクをいっぱい持ってる人をみると、もやもやしちゃったりして←めんどくさいw

だって、自分も持ちたいから。
大好きな色だから。
でも、我慢してるから。

「それは正解じゃない」から、知られちゃいけないって、(自分に)ウソついてるから。
そうすると、自由に自分を認めて、ピンクな人を見ると「ぶりっこ!」とか言いたくなる。

こんなこと、今だったら大間違いだってわかるけど。
そうやって、「ピンクを好きじゃないことにする」人生を歩み続けて、誰かの正解を知ることで、それを表明することで、ほっとする毎日から開放されたのは、何十年も経ってから。

長かった・・・笑

今は、持ち物のほとんどが、「ピンク」です。だって、好きなんだもん。

ついでに、今ではピンクを好きな人を見ると同士な気持ちまで湧いてくる。
ピンクっていいよね〜♡って。

それでいいじゃない。
それを「ぶりっこ」と言ってくる人とは、付き合わなくていい。
自分の基準を押し付けてくる人とは、距離を置いていい。
ついでにいうと、それは蓋をしていた頃のワタシ。
危険、近づくな。
ですよ。

さわるなよ、やけどするぜ。

「自分の好き」
が、わからないのには、歴史がある

小さいことからでいい。
いつかどこかでしてしまった「蓋」を、開けていく作業をしてみて。
心が教えてくれる。
人が教えてくれるものは、全部フェイク

心に問いかける。

今日も、うっかり自分にウソついているものがないかを、検証していこうと思います。

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

次回青木ゆか主催の講座は、シンガポール!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02