お知らせ

続きを読む

別れが苦手です、という話

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

別れが苦手です、という話

「涙もろい人」と書いてあおきと読んでいただきたい。
気を抜くとすぐに泣きそう、青木です。

(違う、これはその瞬間じゃない)

昔から、卒業式とか。お別れ会とか。
もう苦手で、苦手すぎて、頭が痛くなります。

辛すぎるのね。
笑って送り出そう、ってできなすぎて。嗚咽しちゃうのね。

いつだって、「あと何回この人とこうやって笑えるんだろう」って意識しながら過ごしてるけど。
その事実を突きつけられて、その場にいる人たちみんなが「これがもしかしたら最後になるかもしれない」と思っている場って、もうエネルギーが強すぎて。

この瞬間が、もう二度と来ないことが切なくて。
生きてるってことは、終わりにむかって剛速球で進んでいるっていうことだ、という事実を、突きつけられる感じがして。

その刹那の狂おしさ完全にやられてしまうのです。

そういう意味で言ったら

私はいつも「ロッキングチェア」から「今」を見てるな、と思うことがあって。
ひざに猫抱えて、編み物とかしながら、窓の外を見ている感じ。←編み物できないけど

白髪で、メガネして。
ニットの帽子をかぶって。
もうそろそろこの人生を終えることを分かっている自分がいて。

それで、自分の人生に起きてきた出来事を振り返っては、その愛しさに涙ぐむみたいな。
かつて、自分の周りにいてくれた小さい生き物や←娘w
そばで一緒に笑っていてくれた人たちに、思いを馳せる。

みたいな感覚で、「今」を見てる感じがしています。

なので、もう、苦しいの。苦しいったらありゃしない。

そして今回。

「シンガポールから、日本に帰ることになりました」
と聞かされて、これが最後になるかもしれない、と聞かされたら、ひざから崩れ落ちそうになるくらいの悲しみに襲われるわけです。

そういうことが、ちょっと続きすぎてて。ちょっとやられてる。

ということで、笑ってきました。笑い泣き。

(送別会的なパート1)(ランチ的な パート2)

どこにいたって、なにをしていたって、私は私でしかいれないという制限も最高だし。
自分であるということでしか、生きてる時間を最大限に使いこなせないっていうことも最高だし。

そういうどうしようもない「制限」が、感情を強く感じさせてくれておもしろいことも分かってるんだけどな・・・。「出逢ってくれてありがとう」と、同じ時を過ごした喜びだけに浸るって、どうやるんだっけ。

シンガポールにいると、突然帰ることになる人も多くて。
それはそれは寂しいけど。また会える。絶対大丈夫。と、とりあえず言い聞かせてるなう。

私に出逢ってくれた愛しい人たち。
一緒に「今」という時間を共有してくれた人たち。
一緒に「今」を楽しむことを、「楽しいね!」と言いながら笑い合ってくれた人たち。

大好きなんだよ。

あ〜、ためになることも、面白いことも、なにも言えない。
おしまい

次回青木ゆか主催の講座は、オンライン!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02