お知らせ

続きを読む

大口を叩くって英語でなんていうの?

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

大口を叩くって英語でなんていうの?

本日のお題は、「大口を叩く」

ついつい、そのまま訳してしまいたくなる表現ですよね^^

そのままズバリの表現ではなく「コアを掴むこと」

で表現してみましょう!

ぜひ、いろいろ広げてみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~
これ、英語でなんていうんだろう?
悩んで辞書を引くことがなくなる?!
この方法で、
あなたの脳が「英語脳」に切り換ります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

http://www.suteru-eigo.com/suteru/
~~~~~~~~~~~~~~~~

「大口を叩く」を辞書で調べると、
brag(weblio)とありました。

でも、この「ズバリ!」の表現を知らなくても大丈夫。
色々な形で、「大口を叩く」を表現することは可能です。

では、「ずるいえいご」のメソッドを使った私の「大口を叩く」です。

ぜひ、参考にしてみてください^^

He acted like a super hero, but he wasn’t.
(彼スーパーヒーローみたいに振る舞ってるけど、全然だよね。)
→大口を叩いている人の実態を具体的に。

 

He always pretends to be a big name, but he isn’t.
(彼いつも大物のふりしてるけど、実際違うし。)
→大物のふりが「大口を叩いている人」

 

He seems like a great man, but actually he is very ordinary.
(彼すごい人みたいに見えるけど、実際はめっちゃ普通だよ。)
→「すごい人」に見えるけど、違う、と比較を入れることで表現。

 

He speaks like he is a CEO or something, but he is just an employee.
(彼CEOか何かみたいな口ぶりだけど、ただの社員だけどね。)
→「すごい人」が出てこなければ、CEOみたいな具体例で表現。

 

「大口叩いてるよね」と言いたいシーン。
いろいろな表現で、こんな風に、
「言いたいことのコア」
を掴んでみてください。

この魔法のボックスを使って考えると出てきやすいですよ〜!

ぜひご自身でも、たくさん広げてみてくださいね!

では、また!

次回青木ゆか主催の講座は、シンガポール!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02