お知らせ

続きを読む

一世を風靡するって英語でなんていうの?

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

一世を風靡するって英語でなんていうの?

シンガポールに住んでいるので、
安室奈美恵さんが引退したことに、まだ全く実感が湧いていない青木です。

受験の時に、
「大学受かったら、絶対ブーツ履くんだ!」
と、勉強部屋にブーツを飾ってはニヤニヤしていたことを思い出します。

感謝の気持ちでいっぱい。

と言うことで、本日はそんな「ブーム」についてのお題。

ブームを表すちょっと難しい日本語。
「一世を風靡(ふうび)する」
を英語にしてみようと思います^^

私の中で、一世を風靡したものといえば
安室さんと・・・
そして、小室哲也さんでしょうか。

様々な意見があると思いますが、
純粋に彼らの音楽の世代で、
とても思い出深いので、引退はとても寂しいです。

ということで!今回は、
「90年代、小室哲哉が一世を風靡した」

を英語で表現してみようと思います^^

ポイントは、
「一世を風靡した」

「コアを掴むこと」!

ぜひ、いろいろ広げてみてくださいね

~~~~~~~~~~~~~~~~
これ、英語でなんていうんだろう?
悩んで辞書を引くことがなくなる?!
この方法で、
あなたの脳が「英語脳」に切り換ります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

http://www.suteru-eigo.com/suteru/
~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、どんな表現が浮かびましたか?

「一世を風靡した」を辞書で調べると、
Be the rage of the times.
と出ているのですが、これを知らなくても、大丈夫!

「ずるいえいご」のメソッドを使っていろいろ広げてみてください。
私の「一世を風靡した」です。
ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

All songs that Tetsuya made became millon sales.
(哲哉が作った曲はすべてミリオンセラーになった。)
→「一世を風靡する」ことになった原因や、具体的な事例を挙げてみます。

 

Everybody was singing Tetsuya’s songs in the 90’s.
(90年代は、みんなが哲哉の歌を歌っていた。)
→上と同じ。より、主観的に具体化してみました^^

 

Tetsuya was the God of music in the 90’s.
(90年代の音楽界では、哲哉は神だった。)
→ちょっとした比喩を使って。

 

Tetsuya was most famous music producer in the 90’s.
(90年代で、最も有名な音楽プロデューサーだった。)
→要するに、どういうことか、という視点で広げるとこんな感じ^^

 

ぜひ、魔法のボックスを使って広げてみてくださいね^^
魔法のボックスは、「ずるいえいご」にも載っています〜!
また、いろいろな表現をシェアしていこうと思います!

では、また!

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

次回青木ゆか主催の講座は、東京!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02