お知らせ

続きを読む

親の雄叫びが好き

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

親の雄叫びが好き

現在私の娘っ子は、シンガポールのインターナショナルスクールに通っています。
最近、学校を転向しまして。(こっちでは結構よくある)
前の学校は、彼女が6歳のときに
「全く英語が話せない状態」
でスタートしたので、小規模の目が届きやすい環境が良くて。

それはそれは、手厚くしてもらい、とっても満足しとります。

そんな以前の学校で一番好きだった瞬間。

それが、「親のおたけび」←なんのこっちゃ

こちらの学校でも日本と同じようにいろいろな発表会があるのですが。

発表が終わった後の親の拍手喝采がすごいわけです。
もはや、スタンディングオベーション

ぴゅー!という口笛が聞こえたり。
割れんばかりの拍手。

「生きることを楽しんでる」感じがするわけです。

そいで、どんなにレベル低くてもめっちゃ褒める。

たまにね。
日本の幼稚園を出ているせいか、「すごい完成度の高い発表」に慣れている日本人にとっては、「え?!」って思うような発表もなくはないわけです。

もう、何言ってんのかわかんないやつとか。
その動きはなに?!と、はてながいっぱい出ちゃうやつとか。

だけどね。こんなんで発表とか言っちゃっていいの?とか言わない。

最高だったよ!

発表が終わった後に、子どもにかけよって抱きしめて、女優さんに接するように褒めまくってる親たちを見ると、なんか感激してしまうことがよくあって。
こうやって自己肯定感って育まれるんだろうな、って本当に感じてしまったりしています。

今の自分を喜ぶところから始めよう

どんな成果物であっても、とりあえず大切なことって
自分の自己認識
なんかじゃないかと思うわけです。

「自分は、できる」からスタートすると、
「より良くするためには、どうしたらいいか」
になるのではないかと。

親は、ダメ出しなんてする必要なんて全然なくて。
ありのままの映像を撮っておいて、それを一緒に見たらいいんじゃないかと。(コメントを求められたら「マジ卍!」とか褒めてます風に言いながら)

それを見て、自分で
「思ったよりやばいな」
と思うのと、

親に、「なにあれ?」と言われて
「自分は、できない」を起点
にするのでは、将来のパフォーマンスや、本番に挑む姿勢が変わってくるのではないかと思うのです。

ということで。

とりあえず、まずは私からだろ、と毎回ツッコんでしまうので、またもや自分のことに着手するわけですが。もはや私は立派な大人なので、これから親にそれを期待するのもどうかと思いまして。

いや、親(自分以外の誰か)リセットしてもらえたらこんなに楽なことはないわけだけども。
もう、身も心も汚れてしまった身としては←言い方
そんなん人にどんなん言われたところで
「はいはい、言わされてるだけだよね」
とか、ジャッジしそうなので。

自分で自分に暗示をかける方法でやってみようかと思っとります。

とりあえず・・・
久しぶりに「ふと思うこと」というブログを書いた!

文章とか、ブログ筋肉的なものは、もうよれよれだけど、そういうの全部おいておいて、私サイコ〜!ひゅ〜ひゅ〜!と、褒め称えたいと思います。

よろしければ、みなさまも、ご一緒に。

ひゅ〜ひゅ〜!

おしまい

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

次回青木ゆか主催の講座は、シンガポール!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02