お知らせ

続きを読む

バトラーズカフェ 外国人執事喫茶で英語を使う

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

バトラーズカフェ 外国人執事喫茶で英語を使う

外国人執事喫茶

先日、すてる英語くらぶのイベントで行ってきました。
(すてる英語くらぶについては→こちら!
外国人執事喫茶!
こちらのブログがきっかけ。
「イケメンじゃありません。くそイケメンです。」と書いてあるのを見て・・・

「え!それは行かなきゃだめじゃん!」
使命感に燃え、イベント企画に至りました。

結論から言います。

めっちゃ面白かった!!!

外国人執事喫茶のなにが魅力なのか

一言で言うと、
自分が特別な存在であるということを、思い出せる場

とでもいいましょうか。(大事だよね!)

なんかねぇ・・・しっくりきました。←私だけ?私だけなのか?

外国人執事喫茶の場所

場所は、渋谷。
東急ハンズの目の前にあります。

事前に予約が必須なのですが、なんといっても、「執事」
予約がめちゃくちゃ厳しいです。ここだけは、気をつけてね。

ポイントは、
・人数が揃わないと入れない
・15分遅れたら、アウト
(キャンセル料が発生します)

「遅れそうだから、先に入っていて〜!」ということができないのです。
電車の遅延だろうが、台風だろうが。いかなる理由においても。って、それすごいね。

なので、時間に余裕を持って計画してください〜!

実際、行ってみて思うことは、
「この厳しさが、このクオリティーにつながるな」でした。

今回、19時半からの予約で、19時にハチ公前に待ち合わせして向かいました。

やはり、かなり前にしておいてよかった!
千葉県の大雨の影響で、10分電車が遅れたメンバーもいたりしたので、集合は早めがオススメ!

(よし、いくぞ!の直前)

いざ、入場!

人数が揃って、5階に上がると・・・
バトラーがドアを開けてくれます。
そう、プリンセスたるもの、ドアを自分で開けるなどということは、いけないのですw

カフェの中は、とってもプリンセスチックな装飾でした♡

そして、ここでも、写真は厳禁。
カメラはバックの中にしまって、お料理のみ、バトラーが近くにいる時だけ撮影が可能です。

お料理は?

今回、プリンセスプランというものを予約しておきました。
4800円のコースです。

ちなみに、男性がメンバーの中に入ると、ダウングレードするとのこと(驚)
3時間が2時間になったり、金額が1000円(全員分)上がったりします。
それは、なんでなんだろう・・・?謎

ということで、今回我らがくらぶメンバーでもあり、すてる英語くらぶのイケメンバトラーでもあるきくぞ〜が、全ての手配を担当してくれて、「プリンセスになってきてください!」という後押しをしてくれました。

やっぱり、気が利きすぎるよね、きくぞ〜。

(きくぞ〜夫婦♡)

さて、お料理の内容は・・・
大満足♡

サラダ

ハート型のチーズがのってるの〜♡

パスタ

運ばれてくる時に、「目をつぶってください」的な。
目を開けると、そこには「Princess Yuka」の文字が!
かわいい!!!

鴨とりんごの包み焼き的な

美味!

今、断食の後の体調管理の目的で、小麦粉を抜いた生活をしているので、パスタを食べれなかったのはちょっと残念だった(TT)
美味しくて、みんなはあっという間に完食してました^^

デザート

パリパリのパイの上にアイスクリーム♡
これも、美味しくておしゃれ〜^^

ティー

これ、本当にたくさんの種類のお茶を紹介してもらいました。
(全部英語で説明してくれるよ)
ハーブティーの香りをいろいろ嗅がせてもらえて、それだけで気分はゆったり
さらに、ハート型のカップ!テンション上がる!

気になるバトラーは?

今回のバトラー、確かに!!!
素敵な方でした〜^^

ドイツ出身のガブリエルさん

もう、肌が美しく、吸い込まれるような透明感w

最初、「あれ?イギリスの発音かな?」と思ったのですが、ところどころ特徴的な発音をするので、わからない・・!と思っていたら、「バトラー出身地クイズ!」が始まりw(これも全部英語です)

すんごい国の名前が出てきたのですが、結果、ドイツということが判明!

こんなやり取りも楽しい〜♡

最初に席に着いた時に、「プリンセスアンケート」的なものを記入したのですが、「今回の目的は?」のところに「英語で話したい」という欄があったので、そこにチェックを入れたら、たくさん話してもらえるのかも!

バトラーカフェならでは

携帯をバックの中にしまい、かなり厳しい規則があるのですが、それもそのはず。
バトラーに、「お姫様だっこ」をしてもらって、写真を撮る、というサービスが!笑
1000円でやってもらえます。

はい、もちろんやりました。
(ちなみに、メンバーでやったの私だけ←なぜだ

バトラー2人で入って写真を撮ると、プラス400円とのこと。
とりあえず、二人入ってもらって撮影しました。

ガブリエル・・・きっと鍛えてるよね、これ。
華奢なのに、頑張ってくれました(感謝)←顔色変えずにやるの大変だと思う。
まだまだとは思うけど、断食やっておいてよかった、と思った瞬間←まさかのここで

バトラーカフェならでは、パート2

バトラーカフェに行ったなら、これはオススメ!というのが、こちら。

あなたのイメージに合ったカクテルを作ります♡
というサービスw

「無人島に持っていくなら、何か?」とか「行ってみたい国は?」的な質問をされます。

さらに、ここからが大事。
「瞳の奥を5秒見つめ、イメージをつかみます」というではありませんか!
ガブリエルの青い瞳をじ〜・・・と見つめて、
「ファイブ・・・フォー・・・」とカウントされるのを待ちます。

そして、
「image captured」

と唱えられます。
いや〜・・・めっちゃ楽しいw

私のカクテルは、
「プリンセスゆかの瞳からは『好奇心』を感じました。さらには、モチベーション、明るさ、などというキーワードから、この色を選びました」

って・・・
めっちゃ赤い!!!www

オレンジと、赤と、ピンクです♡
みたいな。

情熱を持って生きたい、と感じた一品でした。

バトラーカフェならでは パート3

今回のカフェ、始まりからしばらくして、全員に付けられたもの。
それが、ティアラ!

この力を思い知りました。
いや〜・・・テンションが上がります。

そして、「プリンセス、そろそろお時間です」という言葉とともに、ティアラを外された時の、悲しい気持ちが忘れられません。

家の中で、ティアラつけちゃおうかな、と思うくらい。

プリンセス気分に必要な小物は、ティアラで決定!

行ってみて思うこと

ということで、かなり満喫したバトラーカフェ

英語を話す環境もさることながら、非日常を満喫することができました。
さらに、プリンセスとして扱ってもらうと、やっぱり気持ちいい〜^^

イケメンと英語を使って話す空間という意味でも、面白いかも(笑)

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓