お知らせ

続きを読む

遠慮しないではっきりいうって英語でなんていうの?

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

遠慮しないではっきりいうって英語でなんていうの?

どうも!
2018年後半のテーマを「人生は、思い出作り」に設定した、青木です。

「自分の夢に遠慮をすることをやめよう」と言う決意と共に設定してみました^^
こちらに、ブログの記事も書いてみました)
↓↓↓

遠慮しないで、どんどん夢を叶えていきたいな^^と思います!
Life is for making experiences.
(人生は、思い出作り!)

さて、ということで!
本日のお題は、「遠慮」でいってみようと思います。

「遠慮しないで、はっきりいっていいよ」

なんだか、言いづらいなぁ〜と思っていることがあって、それを察した上司や同僚に言われるシーンを考えてみてくださいね^^

コツは・・・どんな風にそれを伝えたら、
「遠慮しないで話せそう」と思ってもらえるか、という視点を持つこと!
実際に、時間をとって考えてみましょう〜^^
ね

~~~~~~~~~~~~~~~~
これ、英語でなんていうんだろう?
悩んで辞書を引くことがなくなる?!
この方法で、あなたの脳が「英語脳」に切り換ります。

もっと詳しく知りたい方はこちら

http://www.suteru-eigo.com/suteru/
~~~~~~~~~~~~~~~~

「遠慮しないではっきりと言う」を辞書を使って調べてみると
Don’t hesitate/do not hold back
と載っていました(weblio和英辞典より)

でも、これがパッと出てこなかった場合は、どのように表現したら良いのでしょうか?
「ずるいえいご」のメソッドを使って考えた表現は、以下の通り^^

He asked me to say whatever I think.
(彼は、私に考えたことをなんでも言うように頼んだ。)
→遠慮しない=なんでも言うと言う発想

He said to me, “You think too much. I can accept whatever you’ll say.”
(「君は考えすぎだよ。なんでも君の言うことは受け止められるよ」と言った。)
→なんか、遠慮しなくていいんだな、と思わせる器の広い発言!

He expects me to say what I want to say to him.
(彼に言いたいことを言う、ということを彼は期待している。)
→そうして欲しい、という気持ちを表現。

遠慮なんかしなくていいんだよ、と言ってくれる彼が言いそうなことや、彼が望むことを分析していくと、いろいろな表現で言うことができます。

みなさんも、いろんな視点で広げてみてくださいね〜^^では、また!

次回青木ゆか主催の講座は、東京!(キャンセル待ち)

実際「ずるいえいご」を使いこなしてみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。

本で学んだけど、中々できるようにならない、という方は、ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02