お知らせ

続きを読む

徳屋 四条の花見小道にある極上のわらび餅 京都に行ったらこれは食べねば!

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

徳屋 四条の花見小道にある極上のわらび餅 京都に行ったらこれは食べねば!

わらび餅2件目。

宝泉さんのわらび餅を食してすぐに向かったのが、四条♡
(宝泉さんのレポについては、こちら^^

京都のわらび餅が、私のわらび餅感をひっくり反す恐ろしく美味しい食べ物だということを教えてくれたお店。
↓↓↓
いつ行っても大行列の徳屋さんへ

この日は、たまたま京都に来ている!という堀江さんと合流\(//∇//)\
最初京都駅辺りで会おうかーとなっていたのですが、

「どうしても徳屋に行きたい!」

という青木の熱い想いを快諾してくれましたw

謝謝

場所は?

四条駅を降りて、八坂神社に向かう途中に花見小道というとっても京都〜♡な道があります。
夕方には、舞妓さんも歩いてたりするよ♡
そんなシーンに出くわすと・・・写真を撮りまくる外国の方も一緒にもれなく見れたりします。
ここはとても風情があって、外国の方ウケすると思う!

私も、大好きな道です♡

ここを入って少し歩くと、大抵、左手に行列が出来ていて。
そこが徳屋です♡
この日も、安定の行列!笑
でも、タイミングが良かったのか、10分くらいで入れてしまう感じでした^^

徳屋のわらび餅は?

いろいろなメニューがあって、いつもついつい迷ってしまいそうになるのですが・・・
老松の二の舞をしてはならない!と固く決意します。(→老松の迷いは、こちら
でもね・・・もちやきは・・・気になるよね・・・涙
冬に来たら、絶対に心が揺れちゃうやつだよね・・・笑

しかし、今回は「わらび餅!」と勢いよくオーダー(良かった)

キター!!!
これが、徳屋のわらび餅です♡

氷の上に、わらび餅!
芸術・・・♡うっとり

(感動しすぎて、ブレタ)

サイドチャレンジ!

美しい!!!

そして、一緒についてくるのが、「きな粉」と「黒蜜」!

どっちを付けてもめっちゃ美味しい!
どっちを付けよう。。。どっちを付けようー♡
と、毎回迷いますw←最後の方は、「あ!一緒につければいいんじゃ〜ん♡」となってましたが。

徳屋のわらび餅、下に氷が敷き詰められていて、いつでもヒンヤリ♡
トゥルントゥルン♡

冷たい食感とモチモチ具合、そして後から香る甘み。あぁー、幸せ♡


(幸せが溢れすぎて、斜めっとるw)

これだから、京都に住みたいな・・・と思ってしまうわけです←わらび餅目当て

堀江さん、3年くらい京都に住んでたらしいんだけど、徳屋がいっつも行列だから、来たことなかったんだってー!
なんと、今回初。

思わず撮っちゃうよねw
京都に行ってみたいんだけど〜という外国人の方って、とっても多いと思うので、この情報とか教えてあげると喜ばれるかも♡
それにしても、日本、美味しい!
(美味しいものを食べると、人って笑顔になるよね!)

堀江さん、楽しい時間をありがとうございました〜!^^
(結構前だけどw)

青木的 京都わらび餅ランキング!

突然ですが、決めてみた!

1位)徳屋(四条 花見小道)←この記事のもの♡「きな粉」が美味!
2位)老松(嵐山)     ←水に浮くわらび餅が美しい♡これもやはり「きな粉!」
3位)宝泉(下鴨神社近く) ←このランキングを作ってて、私の中で「きな粉」ポイントが大きいということに気がついた。

「お庭」というポイントの比重を高くすると、3位から逆になる!
う〜ん・・・なかなかに自分的ランキングであっても、考えるものですなぁ。

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓