お知らせ

続きを読む

「釈迦に説法」って英語で何て言うの?

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

「釈迦に説法」って英語で何て言うの?

生徒さんからお題を募集しました。

ある生徒さんが、
「会社で上司が、
みなさんには釈迦に説法だと思いますが、
と言おうとして
みなさんには、馬の耳に念仏だと思いますが、
と言ってしまいました。(笑)
釈迦に説法って、何ていうんでしょうねえ・・・」

とおっしゃったので、くらぶのお題が、
「釈迦に説法」となったことがあります。笑
(すてる英語くらぶについては、こちらをどうぞ)


(釈迦に説法って・・・w)

辞書で、「釈迦に説法」を調べたら・・・

preaching to the chair

と出ていました。
へー・・・
と、思う反面、

知らなかった。。。
という方がほとんどでした。

まぁ、いつ使うんだ!という感じですものね^^

と、いうことで、本日も
「すてる英語メソッド」を使って広げてみましょう〜^^

私がいつも考える方法は・・・

「釈迦に説法」というコトバをもって、何を伝えたいのか
=「釈迦に説法のコア」

集中してみることです。

この場合、
「あなたは、もう詳しいかもしれないけど・・・」
とか、
「あなたはプロだから・・・」
とかいうことを含んで表現したいということかな?と思います。

なので、シンプルに

I believe you may know much more than me.
(あなたは私よりも知っているとは思いますが)

You are such a professional, so maybe I don’t have to explain.
(あなたは専門家なので、説明する必要もないと思いますが)

とかも言えるでしょうし、
さらには

It’s like teaching a cat how to catch a mouse.
(猫にねずみの捕り方を教えるようなものですね)

なんていうのも、面白いかもしれないですね^^

どうか、ご自身の中にあるものをフルに活用して、
話を伝えてみてくださいね^^

 

(でへ)

次回青木ゆか主催の講座は、シンガポール!

実際「ずるいえいご」を使いこなしてみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。

本で学んだけど、中々できるようにならない、という方は、ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02