お知らせ

続きを読む

なぜ、人の間違いが気になるのか問題

英語情報、お届けしています♡

100日間毎朝7時配信。英語にサクッと触れる「言い換えのコツ」をお届けしています。
ぜひ、登録ください!(100日以降、不定期配信)
青木ゆか公式メルマガ、「なんでも英語で言えちゃうメルマガ」の登録はこちらからお願いします。

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

なぜ、人の間違いが気になるのか問題

ある日のことですが。
ものすごく日本語が得意な方とお話をしておりまして。(日本人)
ふと、「違和感を感じたんだよね」と表現したところ・・・

「違和感は『感じる』じゃなくて、『覚える』が正解」
と、間違いを指摘されたことがありました。

へ〜!

それまでの私「知らなかった人」
ここからの私「知っている人」

「へ〜!そうなんだ!勉強になるぅ!」

と、思ったわけです。だけども、感じることってそれだけじゃなかったりして。

さらに思うことは、
「いやだ〜・・・恥ずかしい」

ここ、クセものだな、といっつも思います。

一つ賢くなっただけ。

という事実しかそこにはないのに。
「恥ずかしい」という感情が生まれた瞬間、困った事態に陥ります。
なぜなら、「恥ずかしい」という感情は、自分に対する「ジャッジ」だから。

結果・・・自分でも驚くようなことが起きますわな。
知った瞬間から、何が始まるかっていうと・・・

「違和感を感じる」
と表現する人のことを
「あ!間違ってる!」

と思い出すんだよね〜・・・!

これ、いっつも自分で思うんだけど、マジウケル

昨日まで知らなかったくせに。
自分も教えてもらったくせに。

それを知らない人をジャッジし始める。

ジャッジの先にあるもの

結果「知っている自分」を誇らしくすら感じたりする。
ここ、なんでそんなことが起きるのかって、自分研究所所長(だれw)としては気になるので分析とかしちゃうんだけど、やっぱり、これに尽きるなと思います。

「もともと自分は、ダメな感じだ」
っていう、「確信」なんだろうな、と。

だから、鎧みたいに得た「知識」でしか、「すごい自分」を感じられなくて。
そこには、「すごくない他人」が必要で。
比較することで、「安心」するんだろうな、と感じるわけです。

でも、これ。
教えてくれた人がいたからたまたま知っていただけ。
だし、

なんなら、その瞬間がなかったら自分だって同じだし。
「その人」と「自分」の違いは、ただ一つ「知るチャンスがあったかどうかだけ」

それは与えられていることが多いわけです。

いっつも不安な自分が、そこにいる。

自分って、いっつも「足りない」って思っているんだな、ということを「知る」だけで、ものすごく人に対して優しい気持ちで居られるんだろうな、と。

そして、自分も責めない。
全然知らない自分を許していくし、「これまで知らなかった自分」を恥ずかしいとも感じることなく(ジャッジすることなく)

また一つ賢くなった!と喜ぶ。

それだけでいいんじゃないかな、と思うわけです。
これ、英語に関しても全く同じ感覚な人が多いから。いちいち自分の知識量も、人の英語もジャッジしないようにするの、とっても大事。

そして、その「優しい気持ちでいられること」の結果何が得られるかというと・・・

「脳が疲れない!」

はい、来ました。

やっぱり、ここに落ち着きます。

マインドフルネス!

マインドフルネスについては、こちら

この記事でも書いたけど。
「脳が疲れる最大の原因」は、「人を嫌うこと」
これ、「ジャッジすること」と同じ意味なんだろうな、と私は理解しています。

「ジャッジ」しなけりゃ嫌いな人なんかいないわけだし。
やっぱり、ジャッジすることなく「今、ここ。自分」だけを感じ切る。

そうすると、「疲れが取れる」
そうやって自分を癒すと、不安な自分とも向き合えて。

「自分はいつも不安」という真実を知ると、「人間なんて、そんなもの」と開き直れて。ジャッジをする必要がなくなってくるんじゃなかろうか、と思うわけです。

「そんなことも知らないノォ〜?」みたいな気持ちから解放されることって、本当に幸せ。
ジャッジしないと、自分がジャッジされることも気にならなくなるから。

間違えも怖くなくなる。

やっぱり、ここが、
At least I tried.
に繋がるのかな、とか思ったりします。
自分の間違え集団に恥をかかせるという恐怖
っていう図を日本人は抱えているから余計だよね。
ここからの解放って、きっと大きい。

At least I tried.問題については、こちら

ジャッジから解放されて、生きやすい人が増えるといいな。
私も、一つずつ自分のジャッジと向き合って、自らをほぐしていこうと思います。

おしまい

英語ボランティアガイドになりたい!という方のための無料小冊子

「ボランティアガイドになるためには、どんなことをしたらいいの?」
「今から準備できることはなに?」
などなど、いろいろな疑問にお答えすべく、無料小冊子を作ってみました。
私も何かアクションを起こしたい!と思っている方。ぜひ、読んでみてくださいね。こちらからどうぞ。

英語でのママ友メールコピペ集無料小冊子プレゼント!

せっかく海外にいるんだから、英語を使いこなして行きたい!
自分の世界を広げて行きたい!と思っていらっしゃる方の背中を少しでも押すことができたらとても嬉しいな、と思い小冊子を作りました。
せっかくお友達になったママ友に、英語でメールを出すときのヒントにしてみてくださいね!
こちらからどうぞ

次回青木ゆか主催の講座は、シンガポール!

色々な言い換えを作ってみようと思っても、きちんと理解していないと難しいのも事実。
中学英語さえあれば、英語なんて話せるんだよ!というアドバイスをもらっても、どうやってそれをできるようにするのかを具体的に知らないと中々シンプルに話すことはできません。

その目からウロコの「具体的なやり方」をお伝えしています。ぜひ一度話を実際に聞きに来てください。
「自分の中に落とし込む」体験をお届けします。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

青木ゆかの運営するコミュニティーのお知らせ

現在、青木ゆかはシンガポールに拠点を移しております。

年に何回かは、日本に帰国しているのですが、もっと青木の「捨てる英語メソッド」を体得したい!という方のために、「すてる英語くらぶ」というコミュニティーを運営しています。

詳しくは、こちらをどうぞ
↓↓↓

英語情報、お届けしています♡(不定期)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02