よく読まれている記事

お知らせ

続きを読む

Page 12

断食回復食 後半(4日目〜7日目)
回復食後半 いよいよ、4日目からお肉解禁!!! いや〜・・・心が踊ります。 そんな時、突然名古屋へ行くことが決まり! うっひゃ〜!!! 名古屋〜♡ 大好きな、食べ物の宝庫です。 手羽先〜♡ 味噌カツ〜♡ ひつまぶし〜♡ きしめんもいいね〜♡ と、ウキウキした瞬間気がついたわけです。 そう、回復食期間なう いよいよ今日か...
断食回復食前半 回復食が始まって知った、一番の山はこっちにあった件
いよいよ回復食のスタート 5日間の断食を終えました。 いや〜・・・気分爽快! やり遂げた感が半端ない! 青木、できる子! やればできる子! と自画自賛し、「もしかして、もっと長く断食できちゃうんじゃない?」などと思っていたわけですが。 実は、この時まで私は知らなかったのです。 断食最大の山場は、ここからくることを・・・...
英語プレゼン発表会オーディエンス募集のお知らせ
いよいよ、世紀の大発表会がやってきた 英語で話す3大トピック。 それは、 1)自分の体験 2)自分の専門 3)日本文化 この3つの中で、「英語を使って伝えたいこと」を自らが選び、そして発表するという。 青木ゆかが運営するコースの中で、最も過酷な「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」 ↓↓↓ この、発表会がいよ...
断食4・5日目にして、断食の底力を知ることになる。
いよいよ来ました!断食4日目 巷では言われているのです。 断食は、3日目をすぎると凄い!と。 そして、私はその言葉だけを信じて来ました。 ええ、信じやすいタイプですw そして、今回、その「凄さ」を予想とは違う方向で感じることとなりました。 レポします! まず、「集中力」の問題 断食4日目は、体調は万全!だったのですが、...
断食3日目 神社にお参りに行ったり、都会の荒波に飲み込まれたりした1日
本日の夢見 いよいよ、煩悩からの解放でしょうか。 連日みていた、「食事をした後に、断食中だった!と焦りまくる夢」は見ませんでした。 だけど・・・ なぜか、荒波にもまれる夢は見たよ!←深層心理、苦しいのか?青木 断食3日目 さて、通常断食2日目までがきついみたいです。 3日目以降は、身体も軽くなって、ケトン体?と呼ばれる...
断食2日目 ラジオ体操の威力を知る
二日連続で、ご飯を食べてから「断食中だ!」と焦る夢をみました。 なんでしょうね、この小さい心臓は。涙 ちなみに、タマゴサンドイッチと、おにぎりと、味噌汁を飲みました(夢で) さて、夢から覚めて、断食2日目は、朝少しフラフラしました。 断食期間中って、睡眠時間も少なくて済むそうなのですが・・・ 明け方4時くらいに目が覚め...
断食1日目 その気持ちは、空腹感じゃなかった。
「断食」に、ドギマギしすぎたらしい目覚め 朝、目が覚めて、自分の緊張感を知ることになりました。 一晩中、 「あー!美味しいー♡」 とご飯を食べてから、 「あ!断食中だった!食べちゃダメじゃん!!!」 と、焦る夢をエンドレスに見たw ビクビクしすぎ。 食べることが、大好き♡な青木です。   いよいよ断食1日目 ...
断食を始めようと思う 準備食
いよいよ、この日がやってきてしまったようです。 断食。 シンガポールに行ってからというもの。 なんだか、美味しすぎて、身体が重く感じるように。笑 ということで、かねてから気になっていた、「断食」に手を染めることと相成りました。 (がんばるぞ、のポーズ) この「断食」 いろんな効能が言われています。 断食の効能 デトック...
子どものやる気を引き出す本
”本当に響く”ほめ方、叱り方、励まし方 アドラー心理学で 「子どものやる気」を引き出す本 星一郎著(三笠書房) 読みました。 私の人生のテーマは、 やっぱり、「自信」なんじゃないかな・・・ という気がいつもしていて。 (私のミッションについて、書いた記事はこちら)
シンガポールの子育て事情
マインドフルネスを学校で?! 最近、私のブームというか、かなり熱い注目を注いでいるもの。 それが、マインドフルネスです。 (マインドフルネスへの決意ブログは、こちら) もう、これ私に絶対必要! っていうか、人類に必要!と思い、本格的に学ぶことを決意しました。 でも、日本で「マインドフルネス」という言葉とセットになってい...

プロフィール

青木ゆか

青木ゆか プロフィール写真
  • 捨てる英語スクール代表
  • 英語トレーナー・作家・講演家・プロ講師として活動。
  • 米国公認会計士試験合格
  • 千葉大学大学院社会科学研究科国際経済学専攻

高校時代にイギリスへ、大学院時代にアメリカへ留学した経験を持つが英会話に大きなコンプレックスを抱える。

自らそれを乗り越えた経験をもとに学習メソッドを開発。大学院修了後、外資系電気機器メーカーを経て大手外資系保険会社で財務・経理コンプライアンス業務に従事し独立。

現在は企業研修や講演など幅広く活動し、メディアにも数多く取り上げられる。

著書:「なんでも英語で言えちゃう本」 「ずるいえいご」(日本経済新聞出版社) は、5万部のベストセラーとなった。

ミッションは、「ある前提」で生き、自信のある豊かな人を作ること。

プロフィール全文は、こちらからどうぞ!