よく読まれている記事

お知らせ

続きを読む

Page 3

「萌え〜」って英語でなんて表現できる?
「萌え〜」を理解する 以前行った「すてる英語くらぶ」の イベントに、「オタク文化」(!)がありました。←気になる〜! くらぶイベント、初のサブカルチャーでした。笑 (すてる英語くらぶについては、こちら) 講師の先生は、 東北復興のために萌えキャラを使う! というコンセプトの元、 東北ずんこさん http://zunko...
きちんと「焦る」と、豊かさに繋がるのかもしれない件
なんか、お宝が大人になっていくスピードが予想以上に早くて。 最近は、「遊んでもらってる感」が出てきている青木です。 なんか・・・切ないよね! 気になるもの さて、シンガポールに来てからずっと気になっていたこちら。 モールの中を、この動物に乗って闊歩できます。 ってか、これ日本にもあるけど、遊園地限定だよね?! これをモ...
「釈迦に説法」って英語で何て言うの?
生徒さんからお題を募集しました。 ある生徒さんが、 「会社で上司が、 みなさんには釈迦に説法だと思いますが、 と言おうとして みなさんには、馬の耳に念仏だと思いますが、 と言ってしまいました。(笑) 釈迦に説法って、何ていうんでしょうねえ・・・」 とおっしゃったので、くらぶのお題が、 「釈迦に説法」となったことがありま...
「遠慮してました」って英語でなんて言うの?
私の好きなもの、それは・・・ 海外ドラマ! この単語を聞くだけで、ちょっとトキメキます。 見ているだけで、幸せな気持ちに。 昔はよく観てたなぁ〜・・・ 最近は時間がなくて全然みれてないです(TT) そろそろ時間をとって がっつり見たいなー・・・ と、先日大好きな「SUITS」をみました。 (ドラマと言えば、ピザ!←いえ...
「自信」をめっちゃシンプルな英語で言ってみる
大学時代のバイト 実は、 大学時代のバイトはもっぱら 「家庭教師」でした。 (今と同じ・・・w) 「分からない」と思い込み、 苦しんでいる子の変貌を見るのが大好きでした^^ あの頃のキーワードも、今と同様、 「自信」 必ず出来ると、 生徒自身よりも深く信じきり、 どこまでつき合うことができるか。 そういうスタイルでした...
Have a nice day!と言われたら、なんて返す?
よくかけられる言葉への返事 英語圏の国に行くと必ずと言っていいほど言われる言葉があります。 「Have a nice day!」 (ステキな日でありますように~!) (特に、タクシーの降り際が多いかなぁ) この一言に、皆さんは、なんと返しますか? ただ、笑って(Smileで)返す? 「Thanks!」で返す? 以前は私...
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
この本を読みました。   女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 西原理恵子著(KADOKAWA) タイトルの横に書いてある英語 ↓ ↓ ↓ What a girl needs to keep in mind to live her own life keep in mindって、なんだか好き。 あと...
シンガポールでビジネスを立ち上げる
ずっと篭ってました シンガポールに拠点を移して、早半年。 なんとなく、今年は自分と向き合う年にしたくて、篭ってました。 (自分と向き合う図) 篭るには、最高ね!シンガポール。 なんと言っても気候がいいです。 海がないハワイ と呼んで、気持ちを盛り上げておりました。 (海がないハワイなんて!というクレームは、受け付けてお...
33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由
「才能」に投資する時代とは・・・ 「自分が無我夢中になれるものを見つけ、没頭する」ということ この本を読みました。 33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由 午堂登紀雄 日本経済新聞出版社 いや〜・・・考えてるな〜・・・いろいろと。 気持ちが引き締まる本でした。 内容は この本、面白いよ!を目次から...
人生2回目の断食で、驚きの発見。
どうも。 昨晩、娘っ子の「あ、まって〜!」が 「ナマステ〜!」に聞こえて固まった青木です。 スルーしちゃいがちだけど、日々面白いことって転がってるよね! 人生で2回目の断食を今日からスタートさせました。 この6月に日本帰国と同時に行った断食ですが。 前回の断食の様子は、こちら ↓↓↓ あまりにも体調が絶好調!になったこ...

プロフィール

青木ゆか

青木ゆか プロフィール写真
  • 捨てる英語スクール代表
  • 英語トレーナー・作家・講演家・プロ講師として活動。
  • 米国公認会計士試験合格
  • 千葉大学大学院社会科学研究科国際経済学専攻

高校時代にイギリスへ、大学院時代にアメリカへ留学した経験を持つが英会話に大きなコンプレックスを抱える。

自らそれを乗り越えた経験をもとに学習メソッドを開発。大学院修了後、外資系電気機器メーカーを経て大手外資系保険会社で財務・経理コンプライアンス業務に従事し独立。

現在は企業研修や講演など幅広く活動し、メディアにも数多く取り上げられる。

著書:「なんでも英語で言えちゃう本」 「ずるいえいご」(日本経済新聞出版社) は、5万部のベストセラーとなった。

ミッションは、「ある前提」で生き、自信のある豊かな人を作ること。

プロフィール全文は、こちらからどうぞ!