よく読まれている記事

お知らせ

続きを読む

Page 2

タイは若いうちに行け
タイに到着! まず驚くのは、なんていうか、「これでいいのかも」と思わせる自由な感じだよね。 とりあえず、空港で乗ったタクシーの運転手さん。 走り始めと同時に、携帯出して、イヤホンして・・・ 動画見てた・・・ しかも、なぜか料理番組。 卵がじゅうじゅう焼けるようすを、後ろの座席から眺めておりました。 普通の生活が、一気に...
ターミナル4の中華が美味しすぎて、通いたくなる衝動にかられた話 チャンギ空港
今月100blogsチャレンジをしているにも関わらず。 バケーションに来てしまい、(はかどるわけもなく)びっくりしている青木です。 いや〜・・・予定なんか気にして 「100blogsチャレンジやらない」 なんていう決断をしてしまったらもったいないからね! とりあえず、今年残すところわずかな日々の合言葉は、 At lea...
占いに従わなかった私の末路
「占い」で見てもらった結果、それに従わなかったこと、結構あります。 (っていうか、自分の心に従ったんだけど) ここでも書いたけど・・・ ↓ 結果、本日はどうなったかをシェア 占いに従わなかった私の末路 2006年。 私は、USCPA(米国公認会計士)の試験に合格しました。 「簡単だ」という人もいるのですが。 私にとって...
1ヶ月で100blogチャレンジをしています。(2018年10月)
今年の夏は、これまでないくらいのお休みの時間をもらっていまして。 もうね、それはそれは何もしなかったわけです。 発信も。 人に会うことも。 結果・・・ 何かを発信しようとすると、「考えすぎている」私がいて。 これはいけない・・・ と思っていたところに、FBでこの投稿を発見! 乗っかってみることにしましたw 初参戦♡ 1...
スギちゃんバージョン!「一世を風靡する」って英語でなんていうの?
↑ワイルドな写真がなかったからこれw 前回、小室哲哉さんバージョンの 「一世を風靡する」 をお届けしたのですが、 こちら! ↓ なんとなく、他のシーンで使う「一世を風靡する」も取り扱ってみたいな〜と思い、続編です! 今回は、お笑いネタで一世を風靡した・・・ 「スギちゃん」 で行ってみようかな、と思います^^ これ、なん...
一世を風靡するって英語でなんていうの?
シンガポールに住んでいるので、 安室奈美恵さんが引退したことに、まだ全く実感が湧いていない青木です。 受験の時に、 「大学受かったら、絶対ブーツ履くんだ!」 と、勉強部屋にブーツを飾ってはニヤニヤしていたことを思い出します。 感謝の気持ちでいっぱい。 と言うことで、本日はそんな「ブーム」についてのお題。 ブームを表すち...
大口を叩くって英語でなんていうの?
本日のお題は、「大口を叩く」 ついつい、そのまま訳してしまいたくなる表現ですよね^^ そのままズバリの表現ではなく「コアを掴むこと」 で表現してみましょう! ぜひ、いろいろ広げてみてくださいね。 ↓ ↓ ↓ ~~~~~~~~~~~~~~~~ これ、英語でなんていうんだろう? 悩んで辞書を引くことがなくなる?! この方法...
一刀両断って英語でなんていうの?
漢字4文字で表される表現って、 まさに「コア」を掴まないとなかなか表現できないもの。 その4字をもって、私は何が伝えたいんだろう・・・?と向き合う力が必要です。 と言うことで、 本日のお題は、漢字4文字からいってみようと思います。 お題は・・・「一刀両断」。 「彼、彼女の想いを聞いても一刀両断だったのよ・・・。」 と言...
AMAZONIAアマゾニア Great World Cityで子供を遊ばせる プレイグラウンド
先日、娘っ子とのデートに行ってきました。 私が少し「座っていたい日」に認定した日だったので、映画か?映画なのか?と初映画館をチラ見してきたのですが、その日はあんまり子供向けの映画が見つけられず。 そのままGreat World City(グレート・ワールド・シティー)をふらふらとしていたら・・・ こんな門構えを発見! ...
Nのために 湊かなえ を読んだわよ
ちょっと前に、この本を読みました Nのために 湊かなえ(双葉文庫) ***** 超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。 現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。それぞれの証言は驚くべき真相を明らかにしていく。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか...

プロフィール

青木ゆか

青木ゆか プロフィール写真
  • 捨てる英語スクール代表
  • 英語トレーナー・作家・講演家・プロ講師として活動。
  • 米国公認会計士試験合格
  • 千葉大学大学院社会科学研究科国際経済学専攻

高校時代にイギリスへ、大学院時代にアメリカへ留学した経験を持つが英会話に大きなコンプレックスを抱える。

自らそれを乗り越えた経験をもとに学習メソッドを開発。大学院修了後、外資系電気機器メーカーを経て大手外資系保険会社で財務・経理コンプライアンス業務に従事し独立。

現在は企業研修や講演など幅広く活動し、メディアにも数多く取り上げられる。

著書:「なんでも英語で言えちゃう本」 「ずるいえいご」(日本経済新聞出版社) は、5万部のベストセラーとなった。

ミッションは、「ある前提」で生き、自信のある豊かな人を作ること。

プロフィール全文は、こちらからどうぞ!