よく読まれている記事

お知らせ

続きを読む

Page 2

「前向きに検討します」って英語でなんていうの?
ビジネスシーンで使われるもので、よく使われる表現に 「前向きに検討します」 という表現があります。 でも、これ。 「前向き」を英語にするのも、 「検討する」を英語にするのも、 なんとなく難しいという声をいただきました。 確かに・・・両方とも、 「ずるいえいご」でも書いた「大人語」に属する言葉だなぁと思います。 これを英...
外国人に道を聞かれた時の必殺技
こんにちは!「ある前提」で自信のある豊かな人を作ることがミッション。青木ゆかです。 日本に帰国した時、東京駅で何やら困っていそうなインドの方に出くわしました。 見るからに大きなスーツケースを、一体、何個持っているんだ?!という状態で、ものすごくキョロキョロしています。明らかにエレベーターを探している様子。 しかし、青木...
ずるいえいご塾(マスターコース)受講者の声
2019年の7月に、「ずるいえいご塾」マスターコースの発表会がありました。 今回参加してくれたメンバーは、4名。 この回は、全員日本からのメンバーでした。 2018年の夏にスタートして、結果的に1年間のコースとなりましたが、仲間に恵まれとても和気あいあいとした楽しい回でした。 ご参加の皆さま^^私もとっても楽しかったで...
大きな差が出るって英語でなんていうの?
どうも! 「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だ」という言葉を、世界の山ちゃんのお手洗いで見つけて、ひとり感動した、青木です。 手羽先の合間に、感動。(日本一時帰国時の話です) この言葉、あのイチロー選手の名言とのことですが、本当にかっこいいです・・・! ということで本日は、これをお題に...
歌舞伎リアルイベント2019夏〜レポ〜
この記事に書いた、「座学の回」から3日後! 2019年7月6日(土)に行ってきました^^ 歌舞伎リアルイベント♡ 本日は、その様子をレポ。 当日の流れ まず、今回のリアルイベント。 「幕見席」と言われる「当日席」に並びます。英語版 でも、これ。 なんかよく知っている人でないとなかなか時間の調整が難しい・・・ ということ...
ひとつ上にいくって英語でなんていうの?
私の大好きな海外ドラマの一つに「グレイズアナトミー」があります。 研修医から、上のレベルの外科医のトレーニングを受けて成長していく姿がとても素敵なのですが、その中である日、 「やってみろ!」 と背中を押された研修医が、できないと思っていたことをできた瞬間がありました。 その手術の後、彼女がトレーニングをしてくれた上司に...
歌舞伎イベント 座学の会2019夏〜集客力があるって英語でなんていうの?の巻〜
こちらのイベント 今年もやってきましたー!すてる英語くらぶ大人気、歌舞伎イベント♡ (すてる英語くらぶについては、こちら) もう、私がやりたくて仕方ないやつです。今回も、もれなく!めちゃくちゃ楽しかった! まずは、座学の会をレポ! 7月イベントの1本目として、カブキング登場です。この、カブキングこと、堀越先生。 歌舞伎...
青木ゆか 次回の講座のご案内
シンガポール開催 なんでも英語で言えちゃう3回講座 (単語力がない!なにをどう勉強したら良いかわからない!という方向けの講座です。初心者・中級レベル一緒にお受けいただけます) ↓↓↓ 詳細は、こちら   初級リスニング講座 (相手が何を言っているのかわからない!ということが多い方向けの講座です。) ↓↓↓ 詳...
東京開催決定!なんでも英語で言えちゃう☆1日集中講座
英会話「勉強」禁止令 発動 〜3語を意識するだけで、  英語が話せるようになる〜 「なんでも英語で言えちゃう☆講座」開催します! 「先生、このメソッド出したら、日本から英語話せないやつ、いなくなりますがな・・・」と言わしめた究極の英会話法。 東京開催(8/17)のお申し込みはこちら(募集中) ↓ 参加者の声 まずは、こ...
モヤモヤ公園と言われるタイガーバームの公園。それは、ハウパーヴィラ
「あそこ、行ってみない?ハウパーヴィラ」 と、週末のたびに誘い、何も聞こえなかったかのようにスルーされ続けてはや1年。 やっと行ってきました! モヤモヤ公園!歓喜 一緒に行ったのは・・・ マイド、巻き込まれることをよしとしてくれているメンバー。 我がいとしのずるいえいごを知ってしまった会の面々です(みんな、らぶ) (最...

プロフィール

青木ゆか

青木ゆか プロフィール写真
  • 捨てる英語スクール代表
  • 英語トレーナー・作家・講演家・プロ講師として活動。
  • 米国公認会計士試験合格
  • 千葉大学大学院社会科学研究科国際経済学専攻

高校時代にイギリスへ、大学院時代にアメリカへ留学した経験を持つが英会話に大きなコンプレックスを抱える。

自らそれを乗り越えた経験をもとに学習メソッドを開発。大学院修了後、外資系電気機器メーカーを経て大手外資系保険会社で財務・経理コンプライアンス業務に従事し独立。

現在は企業研修や講演など幅広く活動し、メディアにも数多く取り上げられる。

著書:「なんでも英語で言えちゃう本」 「ずるいえいご」(日本経済新聞出版社) は、8万部のベストセラーとなった。

ミッションは、「ある前提」で生き、自信のある豊かな人を作ること。

プロフィール全文は、こちらからどうぞ!